Share

BACK

Presentation&Interview #11

〜 「建築家 高岡 栄次」が提案する家 〜

1_011takaoka_photo-11

Presentation&Interview #11

〜 「建築家 高岡 栄次」が提案する家 〜

山のある家

プラン・リーブル / 高岡 栄次

地球環境にも住む人にも優しい家ができたら…
きっと楽にながく住み続けることができます。
この家は敷地の性質を生かして南と北に庭のスペースを確保した24坪の小さい家です。
それぞれの庭が生活に季節の彩りをもたらし内と外が一体となり、吹抜のLDKは庭に大きく解放された楽しい生活の場です…
この家は夏の暑さも、冬の冷え込みも小さな冷暖房のエネルギーで
快適な室内環境を保てるように設計されています…これが長く住み続けたい優しい家の提案です。

Entry No.11Eiji Takaoka

Eiji Takaoka

高岡 栄次

プラン・リーブル

1963年徳島県美馬市生まれ。
1984年香川職業訓練短期大学校建築科卒業。
1984年~18年間設計事務所勤務を経て、2002年設立。
現在に至る。

[所在地]
高松市太田下町3015-3TEL. 087-868-1323
[受賞歴・その他]2010年にドイツ・オーストリアの視察で地球環境や建物の温熱環境に対する取組みに
衝撃を受け世界中のパッシブハウス関連団体と知識や技術の共有を重ねる
一般社団法人パッシブハウス・ジャパンの賛助会員に登録。
2012年に松山で設計物件の事務所と住宅の2棟を世界基準のドイツPHIの
パッシブハウス認定を取得できたことで、その後も全国でパッシブハウスクラスの住宅をめざす
住宅ビルダーの設計にも協力するようになりました。
地球環境にも人間にも優しい室内環境と意匠を兼ねた住宅を場所に
合わせて実現可能な省エネ住宅を提案します。
011-takaoka

Drawingプラン・リーブル / 高岡 栄次 ドローイング

2_011takaoka_photo1
3_011takaoka_photo1
4_011takaoka_photo1
5_011takaoka_photo1

Price建築費用

〜 「建築家 高岡 栄次」が提案する家 〜

¥28,897,000-

※ご要望により予算変更可
建築費用内訳・・・建物本体価格、設計&監理費、屋外給排水、諸経費(照明・エアコン)、外構工事(アプローチ・植栽など)、消費税
※土地代、印紙代、登記費用、火災保険(地震保険)・銀行融資諸費用別途

資金計画書を見る[PDF]

※ご要望により予算変更可
建築費用内訳・・・建物本体価格、設計&監理費、屋外給排水、諸経費(照明・エアコン)、外構工事(アプローチ・植栽など)、消費税
※土地代、印紙代、登記費用、火災保険(地震保険)・銀行融資諸費用別途

Presentation Movieプラン・リーブル / 高岡 栄次
プレゼンテーションムービー

Interviewプラン・リーブル / 高岡 栄次インタビュー

  • 暑さにも寒さにも悩まされない高性能な家で快適に暮らす。

    ムダを省いた高性能な家で、暑さにも寒さにも悩まされず、年中快適に暮らす。それが今回のコンセプトです。一般的には寒い地域ほど家の性能を上げると思われていますが、温暖な地域こそ高性能な家で暮らす恩恵が大きい。例えば香川なら、雪に覆われるほどの寒さにならないので、室内の快適な温熱環境をつくり易いのです。今回の家で計算したところ、1年中快適な温室を保つようエアコンを稼働しても年間の光熱費は、16万円ほどの電気代。低いランニングコストで、非常に快適な毎日を過ごせるようになります。

    6_011takaoka_photo_in1
  • 家の南北、両側にある庭で暮らしの幅が広がる。

    建設予定地を見てみると南北に道路があったので、あえて両側に庭を配置しました。高低差を均した時にでる土をそのまま南側の庭で山にすることで、道路側からのプライバシーの確保にも役立っています。庭での暮らしを楽しむには、北側の庭もなかなかいいんですよ。気温が上がると日陰でくつろぐのが気持ちいいし、涼しい場所が適する花やハーブもある。バーベキューなどを楽しめるので、2つの庭を使い分けることで暮らしの幅が広がると思います。

    7_011takaoka_photo_in1
  • 基本の構造がしっかりした家は長く住み続けられる。

    日本の住宅でよくある25年で改装、45年で解体…というのをもったいないと感じています。基本の構造がしっかりした家は、最小限の手を入れるだけで住み続けることができます。今回の家も、家族構成の変化に対応しながら長く暮らすことを考えました。現状は、1階に吹抜のLDK、寝室、子ども部屋、2階にバスルーム、ランドリーを配置して、家族のコミュニケーションを重視した間取りです。でも将来、夫婦2人暮らしになった時は、子ども部屋をバスルームに改装して、ほぼ平屋のように暮らせます。愛着を持って住み続けてほしいですね。

    8_011takaoka_photo_in1
  • 家の性能は暮らしを自由にする。長期的な視点で考えてほしい。

    私はパッシブハウスのことを学び、高性能な家に暮らすことの意義に共感しました。性能は暮らしに自由をもたらします。確かに施工コストは高くなりますが、住み始めてからのランニングコストは抑えられるし、何より長く住み続けることができる。長期的な視点も持つと、コストの考え方も幅が広がると思います。パッシブハウスは、住む方だけでなく地球環境にも優しい家です。これからの時代に、ますます求められる住まいの在り方だと考えています。

    9_011takaoka_photo_in1
ENTRY

Entry & Contactエントリー&ご相談フォーム

あなたも、“建築家 高岡 栄次”と理想を超える住まいを叶えませんか?
フロムファースト・ラボは、香川の建築家との家づくりをサポート。

〜香川県下70社による
プレゼンテーションからはじまる家づくり〜

完成~ご入居までの1ヶ月間、
香川県高松市多肥にて、
「OPEN HOUSE」として
ご協力くださるオーナー様
募集いたします。

フロムファースト・ラボでは、建築家・地元工務店・ビルダーからのプレゼン展を開催中。
1/50建築模型からあなたのお気に入りのプランを選ぶだけ。“フロムファーストラボ エキスポ2021”会期後、すぐに住み始められます。

Kagawa HOUSE EXPO2021

フロムファーストラボ エキスポ2021
モニター様募集のご案内

MORE

Entry & Contact家づくりのご相談・お問い合わせ

まずは、お気軽にご相談ください。

家づくりのことなら、“フロムファースト・ラボ”にお任せください。
コンシェルジュがお客様と香川県内の建築家・地元工務店との出会いを繋ぐお手伝いをいたします。

家づくりのご相談・お問い合わせ