Share

BACK

Presentation&Interview #17

〜 「建築家 多田 裕之」が提案する家 〜

1_017tada_photo1

Presentation&Interview #17

〜 「建築家 多田 裕之」が提案する家 〜

森のキヲク2.0

多田裕之+secondbrain / 多田 裕之

例えば畑のある生活。
畑の横には落葉樹を一本。
夏は木陰を、秋には紅葉を、冬は落ち葉が畑の肥料に。
畑と一本の木が子供の先生で、アリや蝶やセミは遊び相手。
木漏れ日のような光の空間。一日中どこからか光が差し、森のような柱を照らす。
大きなテレビと、サラウンドスピーカーでホームシアターも良い。
きっと音響も少しだけ良いものを。
アマゾンfireTVも、写真も音楽も、大画面でみんなで楽しむ。
アナログとデジタルのハイブリッドセオリー。

Entry No.17Hiroyuki Tada

Hiroyuki Tada

多田 裕之

多田裕之+secondbrain

1976年香川県さぬき市生まれ。
1999年金沢工業大学建築学科卒業。
独学で実務を修得し、2006年設立。現在に至る。

[所在地]
木田郡三木町井戸2606-7TEL. 087-898-2256
[受賞歴・その他]2005年藤森照信×伊東豊雄選定住宅セレクションコンペ2005年 入賞
2008年グッドデザイン賞受賞(ファイブ・ペニイズ)
2011年グッドデザイン賞受賞(街角遺産-The Local Heritage-)
2018年建築士会連合会 第10回まちづくり賞奨励賞受賞(街角遺産-The Local Heritage-)
2005年、陸路による半年間の欧州放浪を敢行。富山からフェリーでウラジオストックに渡り
シベリア鉄道に乗って渡欧。訪れた国22カ国、訪れた主要な建物・地域365ヵ所。
以後折を見てエジプト、モロッコ、アジア諸国、南米、キューバ、UAEなど
建築を巡る一人旅を続け学び続けている。
017-tada1

Drawing多田裕之+secondbrain / 多田 裕之 ドローイング

2_017tada_photo1
3_017tada_photo1
4_017tada_photo1
5_017tada_photo1
6_017tada_photo1

Price建築費用

〜 「建築家 多田 裕之」が提案する家 〜

¥28,957,879-

※ご要望により予算変更可
建築費用内訳・・・建物本体価格、設計&監理費、屋外給排水、諸経費(照明・エアコン)、外構工事(アプローチ・植栽など)、消費税
※土地代、印紙代、登記費用、火災保険(地震保険)・銀行融資諸費用別途

資金計画書を見る[PDF]

※ご要望により予算変更可
建築費用内訳・・・建物本体価格、設計&監理費、屋外給排水、諸経費(照明・エアコン)、外構工事(アプローチ・植栽など)、消費税
※土地代、印紙代、登記費用、火災保険(地震保険)・銀行融資諸費用別途

Presentation Movie多田裕之+secondbrain / 多田 裕之
プレゼンテーションムービー

Interview多田裕之+secondbrain / 多田 裕之インタビュー

  • 現代の住みやすさを追求した6つのコンセプト。

    私が提案するのは、6つのコンセプトを持つ2階建ての家です。①それぞれの空間の機能を分け、コントラストを強めていること。②リビングの中に林立する柱を設け、森での空間体験を取り入れていること。③開口部を多く設けることで、周辺環境に依存せずに光を取り入れられること。④ゲリラ豪雨のような激しい雨でも濡れずに玄関にアクセスできる車庫があること。⑤夏も冬も快適に過ごせる断熱性能を持っていること。⑥畑と1本のシンボルツリーを持つ、作り込みすぎない自然の庭を持っていること。

    7_017tada_photo_in1
  • 深くリラックスできる森のようなリビング。

    1階に駐車場・リビング・大きめの厨房を配置し、2階に水回りと寝室、子ども部屋、半屋内テラス(屋根なし)を持ってきました。プライベートとパブリックを完全に分離しており、さらに厨房がリビングから独立しているため、ペンション的な使い方ができます。一番の特長は、複数の細い柱を持つ吹き抜けのリビング。柱が森の木のようにやわらかく空間を遮ることで、ここで時間を過ごす人それぞれの居場所が生まれます。また真っ黒な内装の適度な暗さによって瞳孔が開くことにより無意識に体が弛緩するため、深くリラックスできる空間づくりになっています。

    8_017tada_photo_in1
  • 長く暮らしていく家だから、完成した時が一番美しいのでは寂しい。

    家作りで大切なことは、その場所でどんな時間が作れるかということ。住む人の無意識までデザインして、落ち着き、癒される空間となるように設計しています。また、完成した時が一番美しいという家には少し寂しさを感じます。年月が経つほど汚れやくすみが味わいとなり、それが景色に馴染んでいって欲しい。そのために普段から外壁にもエイジングできる素材を使っています。もちろん、今回提案したプランにもコロニアルなどのエイジングできる素材を使っています。長く暮らしながら、自分の家の経年変化を楽しんでほしいと思います。

    9_017tada_photo_in1
  • 図面に表せないところまでデザインするのが建築家の仕事。

    建築家の頭の中にある複合的な考えを、すべて図面に表せるわけではありません。普段は気付かないようなところもデザインされていたりします。それはおそらく、暮らし始めてからふと実感できるもの。そういう要望外のところにも配慮が行き届いていることに価値があると考えています。そしてお施主さんの様々な要望こそがその家の個性になっていきます。その要望を形にしながら、さらにアイデアを加えていく。これが建築家の仕事なのです。

    10_017tada_photo_in1
ENTRY

Entry & Contactエントリー&ご相談フォーム

あなたも、“建築家 多田 裕之”と理想を超える住まいを叶えませんか?
フロムファースト・ラボは、香川の建築家との家づくりをサポート。

〜香川県下70社による
プレゼンテーションからはじまる家づくり〜

完成~ご入居までの1ヶ月間、
香川県高松市多肥にて、
「OPEN HOUSE」として
ご協力くださるオーナー様
募集いたします。

フロムファースト・ラボでは、建築家・地元工務店・ビルダーからのプレゼン展を開催中。
1/50建築模型からあなたのお気に入りのプランを選ぶだけ。“フロムファーストラボ エキスポ2021”会期後、すぐに住み始められます。

Kagawa HOUSE EXPO2021

フロムファーストラボ エキスポ2021
モニター様募集のご案内

MORE

Entry & Contact家づくりのご相談・お問い合わせ

まずは、お気軽にご相談ください。

家づくりのことなら、“フロムファースト・ラボ”にお任せください。
コンシェルジュがお客様と香川県内の建築家・地元工務店との出会いを繋ぐお手伝いをいたします。

家づくりのご相談・お問い合わせ